室内

不動産会社によって特典が違う|質のいい業者を探そう

照明器具を選ぶ

住宅

空間に適したものを

新築の家づくりを進める上で、後回しにされがちなのが照明プランです。とは言え、京都では光源や照明器具選びによって、部屋のイメージや使い勝手は大きく変わります。基本的なポイントを押さえて、満足度の高い新築の照明プランを実現しましょう。これまでの京都の新築した家の照明は、部屋ごとに1つの照明器具を設置し、全体を明るくする方法が主流でした。一方、欧米ではホテルに見られるように、部分的に照らす照明器具を複数用いて、必要に応じて明るさを調節する方法が一般的です。最近は京都でも住宅の欧米化に伴い、照明方法が一室一灯から一室多灯に変わりつつあります。1つの空間で照明を複数用いる場合は、光源の違いや照明器具の種類を理解した上で、上手に組み合わせることが大切です。照明の光源として一般的なのは蛍光灯と白熱灯です。この2つは発光の仕組みや構造、メリットが全く違います。照明器具を選ぶ際には、この違いやメリットをよく理解するのがポイントです。蛍光灯のメリットは、効率よく全体を明るくする、同じワット数では白熱灯より明るい、ランプの寿命が長いなどです。一方白熱灯のメリットは、あたたか味のある光色でものを立体的に見せる、ランプ自体の価格が安い、スイッチを入れると同時に点灯するなどです。尚、蛍光灯は技術改良が進み、あたたかみのある光色のものや、コンパクトタイプ、白熱灯と同じソケットタイプのもの、調光のできるものなどが登場しています。必要に応じてこうしたものも京都の新築に取り入れてみましょう。